ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル/ビャワ・フラガ(白い旗)

ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル/ビャワ・フラガ(白い旗)
エーラ


2019.10.23. RELEASE

ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル
ビャワ・フラガ(白い旗)

RPOP-10030
定価¥2,545 (+税)

解説:オラシオ

Amazon 購入サイトHMV 購入サイトタワーレコード 購入サイト

試聴PV 「ニエ・ポコナシュ・ミウォシチー(愛に勝てっこない)」
https://www.youtube.com/watch?v=bhMdiJ1hZns


今年のザ・ピアノエラ2019にも出演、今最も注目されているポーランドの女性ピアニスト、ハニャ・ラニが残したポスト・クラシカル/チェンバー・ミュージックの傑作。

■ゴーゴー・ペンギン他を擁するUKのレーベルGondwanaから新作ソロ『ESJA』をリリース、急速に注目されているポーランドの女性ピアニスト・作編曲家、ハニャ・ラニ。彼女が2015年、同世代の女性チェロ奏者ドブラヴァ・チョヘルと作ったポスト・クラシカル/チェンバー・ジャズの香り溢れたデュオ傑作がついに国内盤発売。かつて『ポーランド・ピアニズム』に1曲収録され大きな話題を集めたが、現在なおアルバムが入手困難なため今回は待望の発売。

■ハニャ(1990年生まれ)、ドブラヴァ(1991年生まれ)共に基本的にはクラシック畑の奏者だがそのキャパシティは広く、ポスト・クラシカルからチェンバー・ジャズ、アンビエント、フォーク他を幅広いヴィジョンで捉えている。本作は、80年代から90年代にかけてポーランド・オルタナ・ロック界を席巻した人気バンド、レプブリカRepublikaのリーダー、グジェゴシュ・チェホフスキの曲をピアノとチェロの二重奏、一部の曲はヴァイオリンも入れた三重奏でカヴァーするという斬新なアルバム(ハニャのオリジナルも5曲収録)。元の激しい曲を、ハニャの素晴らしいアレンジメントで、美しくリリカルなサウンドに変貌させたる。

■ハニャ・ラニは今年11/30-12/1に開催される「ザ・ピアノエラ2019」に出演が決定(12/1)。今回もアントニオ・ロウレイロ・トリオ、ニタイ・ハーシュコヴィッツ、カイル・シェパード、ゴールドムンド、高木正勝といった話題のアーティストたちと共に出演するが、初来日で日増しに知名度を上げている「旬」のハニャ・ラニが、相当な注目を集めることは必至。


  1. マモナ
     Mamona
  2. ビャワ・フラガ(白い旗)
     Biała Flaga
  3. 前奏曲 ハ短調
     Preludium c-moll
  4. オトホゾンツ(去りゆく時に)
     Odchodząc
  5. レプブリカ マジェン(夢・共和国)
     Republika marzeń
  6. 間奏曲 へ短調
     AIntermezzo f-moll
  7. テレフォヌィ(電話)
     Telefony
  8. シュミエルチ・ナ・ピエンチ(5つの死)
     Śmierć na pięć
  9. 間奏曲 嬰ハ短調
     Intermezzo cis-moll
  10. オプツィ・アストロノム(よその天文学者)
     Obcy astronom
  11. ニエ・ポコナシュ・ミウォシチー(愛に勝てっこない)
     Nie pokonasz miłości
  12. 前奏曲 変ホ長調
     Preludium es-dur
  13. ニエ・プィタイ・オ・ポルスケ(ポーランドのことは尋ねないで)
     Nie pytaj o Polskę
  14. タク・タク・ト・ヤ(そう、それは私)
     Tak tak to ja
  15. 前奏曲 ト短調
     Preludium g-moll

ハニャ・ラニ (ピアノ、編曲)、ドブラヴァ・チョヘル (チェロ)
コルネリア・グロンツカ(ヴァイオリン) M-3,12,15
※2015年2月14-16日 録音
※オリジナル・スコア:グジェゴシュ・チェホフスキ
(M-3,6,9,12,15のみハニャ・ラニ)


《ザ・ピアノエラ2019》
おかえりなさい、ピアノの世紀へ。 世界から日本から、ピアノ音楽の現在と未来に出会う二日間。 2年ごとに開催しているピアノ世紀の到来を告げるフェスティバル、 4回目の開催決定。

■日程:2019年11月30日(土)・12月1日(日)
■会場:めぐろパーシモンホール 大ホール
■時間:11/30(土):OPEN 16:15/START17:00
12/1(日):OPEN 15:45/START 16:30
■チケット:単日券 6,800円/2日通し券 12,800円
■出演者:
*11/30(土):
アントニオ・ロウレイロ・トリオ(ブラジル)/ニタイ・ハーシュコヴィッツ(イスラエル)/カイル・シェパード “A Portrait of Home” (南アフリカ、日本)
*12/1(日):
ゴールドムンド(USA)/ハニャ・ラニ(ポーランド)/高木正勝(日本)

     

お問い合わせ:
ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)
ノーヴァスアクシス 03-6310-9553
http://www.thepianoera.com